善玉菌を増やすことで身体元気|サプリの魅力を徹底追求しよう

健康な体は腸からつくる

女の人

重要な役割の腸内フローラ

人間の腸の中には腸内フローラと呼ばれる腸内に棲む細菌の一大生態系が存在しています。この中には善玉菌といわれる菌と、悪玉菌といわれる菌、そして状況に応じてどちらにもなり得る日和見菌という菌がいます。これらの無数の細菌は腸の中でバランスを保ちながら生息していますが、食べ物や外部からの刺激、体調やストレスなど、さまざまな原因によって善玉菌が優位に立ったり、反対に悪玉菌が優位に立ったりしています。もちろん、人間の健康にとっては善玉菌が優位に立っている方が好ましいので、これら腸内の善玉菌をいかにして増やすかが健康な生活を送るために非常に大切な要素となります。そこで誰にでも簡単にできる工夫が、サプリを利用するということです。

オリゴ糖とビフィズス菌

腸内フローラに棲む善玉菌の中の代表選手はやはりビフィズス菌です。ビフィズス菌は乳酸を作りますが、厳密な区分では乳酸菌ではありません。しかし乳酸を作り、腸の健康を守っていることから乳酸菌として扱われることも多くなっています。善玉菌を増やすという目的のためにヨーグルトのような食品を食べる人も多いと見られますが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は商品によっていろいろなので、できればビフィズス菌も入っているサプリを選ぶと腸内のビフィズス菌を直接増やすことができます。またビフィズス菌は、オリゴ糖という糖類をえさにしています。このため、善玉菌を増やすサプリを選ぶならオリゴ糖も配合されているサプリがおすすめです。